気になるデリケートゾーンの臭い、原因は?病気のサインかも?

女性なら誰でも気になる、「アレ」の臭い…

女性であれば誰しもがデリケートゾーンに関する何らかの悩みを抱えているものですが、中でもその「臭い」についてお悩みの方は特に多いのではないでしょうか。

ある程度のにおいは誰でもあるものですが、生理前や生理中などは経血やおりものなどで臭いがきつくなりがちですよね。
このような臭いは、比較することができないため、外に漏れていないか、ほかの人よりもきついのではないか、と不安になっている方も多いのです。

では、このようなデリケートゾーンの臭いは、どうして発生するのでしょうか。

気になるデリケートゾーンの臭い、主な原因は?

気になるデリケートゾーンの臭いの原因、それはずばり雑菌です。
正確にいうと、雑菌が繁殖して排出される老廃物が、あの気になるにおいを発しているのです。

雑菌はデリケートゾーンにある栄養をとって繁殖します。
栄養とは、具体的にいうとショーツに付着したおりものや尿、汗や垢、経血などがあります。
特に、おりものはタンパク質が豊富で、雑菌の格好の餌となっているのです。

また、デリケートゾーンは、栄養が豊富にあるだけでなく、高温多湿という雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。
においを防ぐためには、通気性のよい下着を着用し、汗や尿などが残らないようにすることが重要なのです。
もっと詳細を知りたい方はこちら⇒あそこが臭い
デリケートゾーンの臭いは、「トリコモナス膣炎」や「子宮頸がん」などの重大な病気のサインかもしれません。
おりものの量が急に増えたり色が変わった場合や、臭いが急に強くなったという場合は、早めに医療機関に相談した方がよいでしょう。