貸金業者にはいろんな種類があり、そして多くの業者がありますのでどのようなところを選べばいいのか?わからないという人もいるでしょう。融資を受けた後は返済しなければいけませんし、また利息を払う必要があります。なるべくなら利息が少ないところから借入をしたいと願うはずです。

しかし審査に通らなければ融資を受けることができません。また利息と審査の関係は根深く、審査が緩いところは利息が高い傾向にあります。特に審査が緩いとされている消費者金融はその傾向が強く、利息は貸金業者の中でも高い業者となります。しかし消費者金融のアコムを含めたいろんな業者が初回に限りキャンペーンを行っており、それを利用すればもっとお得に融資を受けることができます。

アコムであれば初回に限り30日から利息が無料になっていることから、その期間に融資を受けた金額を返済できれば利息を支払わずにお金を借りることができます。このようなキャンペーンを利用して計算することで利息が高い消費者金融をうまく利用することができます。

多くの貸金業者は、在籍確認なしという審査を行っていません。この在籍確認なしというのは申し込む人が勤めている会社に融資を受けている事実がバレたくないという心理が働くことから、在籍確認なしの業者を選ぼうとしています。在籍確認の有無は大切な審査になっていますので、多くの貸金業者が行っていますから避けることができないのが現状になっています。

消費者金融ノーローンは在籍確認なしだから、結婚していても安心

独身者はともかく、結婚している人が消費者金融を利用するときは配偶者にバレることが心配になります。
したがって、できたら電話による在籍確認なしが望ましいのですが、ノーローンの場合はどうなのでしょうか。
ノーローンは原則としては在籍確認をすることになっています。
でも、営業マンなど会社にいないことがよくある人の場合は、申し込み時にその旨を伝えれば、社員証や健康保険証、あるいは源泉徴収票などの提出で、電話での在籍確認なしにしてくれることがあります。
つまりそれらに記入されている本人と会社の名前を確認することで、在籍確認のかわりにするのです。
しかしこれが可能になるのは審査で何も問題ない場合に限ります。
そうでなく、少しでも疑わしい点がある場合は電話による在籍確認が行われます。
したがって、在籍確認なしを期待する場合は、審査に自信があるときに限ります。
でもノーローンは新生銀行のグループであり、信用できる消費者金融の会社ですから利用者の立場もよく考えてくれます。
したがって在籍確認なしを条件にするなら、なるべく審査に役立つ情報を与えておくと良いでしょう。
例えば電話番号一つにしても、携帯の番号で毛でなく、固定電話があれば、審査は有利になります。
借金することは、例え夫婦の間でも相手に知られたくはありません。
これがバレると、夫婦喧嘩の原因になるかもしれません。
そんなトラブルは避けるべきですから、電話確認には注意しなければいけないのです。